Category: Blog

伝統的なバレエとそこから派生していく文化とは?いつでもプレイできるようになったオンラインカジノを例に

2010年に「トイレの神様」で一躍ブレイクしたシンガーソングライターの植村花菜さんですが、シンガーソングライターになるくらいですので、子どもの時から音楽やギターに興味があったのかもしれないと予想される方は少なくありません。 しかしながら、以外にもその過去には音楽とはまた違った芸術である、クラシックバレエを習っていたそうです。 バレエには、様々な流派があり、クラシックバレエとは違う、モダンバレエというジャンルもあります。 子どもの習い事の中でも人気のバレエですが、一体両方は何がどう違うのか、子どもに習わせるのであればどちらが良いのかなどをご紹介していきたいと思います! 筆者自身が幼少期にバレエを習っていた経験からも、今後本格的にバレエを習いたい、子どもに習わせたいママの方にもぜひ参考になれば嬉しいです。 バレエの種類とその違いとは? 冒頭で、バレエには2種類のジャンルがあると解説しましたが、それぞれの違いをここでは簡単にご紹介していきたいと思います。 クラシックバレエ 直訳すると、古典的なバレエとなりますが、その通り昔ながらの作品として存在しているバレエは、このクラシックバレエに位置づけられます。 例えば、皆さん一度は聞いたことがあると思われる、「白鳥の湖」や「くるみ割り人形」、「シンデレラ」などといったバレエは、クラシックバレエのジャンルです。 イタリアの長い歴史の中で完成された、美しいとされるラインや、演出、音楽、衣装などが既にあり、現代でもその美しさを崩さずに全く同じように表現させることが求められます。 既に決まっている型の中で、過去の作品をこれからの未来にも継承させていくことが、世界中のクラシックバレエ団や、バレエ教室の役目であり、バレエらしいバレエと言えるのが、クラシックバレエです。 モダンバレエ こちらは直訳すると、現代的なバレエとなり、クラシックバレエと比べると自由に表現が許される演出で演劇が構成されます。 バレエの音楽はクラシック音楽で、衣装もチュチュや白いタイツが基本だと思われますが、モダンバレエでは音楽も様々なジャンルを選択してよく、衣装も絶対に決まった型というものがありませんので、比較的自由に選択をしながら演出を考えていくことが可能です。 作品によっては、トゥシューズも履かずに、裸足で踊るというチョイスも可能です。 このように、伝統から少し視点をずらして現代風に合わせて変えるということは、何もバレエに限ったことではありません。 例えば、カジノクラブが一つの良い点だと言えそうです。 カジノが発祥したヨーロッパでは、当時カジノは貴族や大富豪の階級の人たちに向けて始まった賭けゲームとされています。 しかしながら、アメリカに渡ったカジノ文化は、一般市民にも参加ができるようにされ、今では世界中でどんな階級の人たちでもカジノゲームを楽しむことができるギャンブルとなりました。 そんな中にも、モナコやヨーロッパの一部のカジノクラブには、上級階級のお金持ちと言われるようなプレイヤーが集まるカジノクラブも存在しています。 そんな中でも、今では気軽に24時間どこからでもアクセスすることができるオンラインカジノも存在しています。 気軽に遊べるネットカジノとして、日本国内からも多くのアクセスがあり、カジノ業界の中では注目のツールとなっていますので、時間がある時にいつでも、好きなタイミングでオンラインカジノにアクセスしてゲームを楽しんでみてくださいね! 子どもに習わせるなら、どちらがおすすめ? 芸術的な習い事として、ピアノやアートなど、バレエも多くのママが一度は子どもに習わせてみたいこととして人気のバレエですが、どちらのバレエの方が子どもに習わせるのに適しているのでしょうか?