植村花菜

Kana Uemura

植村花菜ファンサイト

アコースティックギターによる弾き語りと綺麗で透き通った声が魅力の植村花菜。
2010年に「トイレの神様」で日本中の話題や注目を集め、トップアーティストの仲間入りを果たした彼女は、それ以降も精力的に歌手活動を続けています。
2019年からは、アーティスト名を「ka-na」に改名し、さらなる活躍が期待されています。
そんな植村花菜の魅力や経歴をガッツリと紹介していきます。

植村花菜ってどんな人?

植村花菜」を本名だと勘違いしている人も多くいますが、実は芸名で本名は「清水花菜」です。
1983年1月4日生まれ、兵庫県川西市出身のシンガーソングライター、公式サイトによると身長161cm、血液型はA型となっています。
ファンからは「カナちゃん」や「カナ吉」といった愛称で親しまれています。
4人兄弟の末っ子として生まれ、母子家庭で母親が働いている間は自宅の隣の祖母の家で過ごすといった幼少期を送りました。
自身の最大のヒット曲である「トイレの神様」は、祖母と一緒に過ごした時期の実体験がベースになっています。
祖母の家では、お手伝いをしていましたが、トイレ掃除だけはいつまで経っても好きになる事が出来ませんでした。
そんな時に祖母から教えられたのが「トイレを綺麗にするとべっぴんさんになる」という言い伝えです。
その話を信じた植村花菜は、嫌いだったトイレ掃除もしっかりとするようになったといいます。
言い伝えが本当だったのか、綺麗な美人さんに成長していますよね。

アーティストとしては「アコースティックギターによる弾き語り」をメインにしています。
ライブではピアノ演奏による弾き語りも披露していますが、頻度はあまり高くはないので見られたらラッキーといったレベルとなっています。
シンガーソングライターで作詞・作曲を自身で行い、作詞に関しては実体験をベースにしています。
作詞方法も独特で、最初にテーマを決めてから長文を書き連ね、そこから歌詞に使えそうな言葉をチョイスしていくといったスタイルをとっています。
影響を受けたアーティストとして「ジュリー・アンドリュース」「カーペンターズ」「パティ・ペイズ」を挙げていて、アーティストを見ると分かるように「カントリーミュージック」に大きな影響を受けています。
祖母に唯一喜んでもらえたという理由から「テネシー・ワルツ」が持ち歌だと発言も残しています。
メジャーデビュー曲の「大切な人」からタイアップが多いアーティストでしたが、トイレの神様以降は、楽曲のタイアップがさらに増えました。
アンジェラ・アキや押尾コータローといったミュージシャンだけではなく、友近やケンドーコバヤシといったお笑い芸人との親交があるアーティストとしても知られています。

最後にこちらのサイトは「公式サイトではなくファンサイト」であるという点にご注意ください。

WHAT'S NEW

伝統的なバレエとそこから派生していく文化とは?いつでもプレイできるようになったオンラインカジノを例に

2010年に「トイレの神様」で一躍ブレイクしたシンガーソングライターの植村花菜さんですが、シンガーソングライターになるくらいですので、子どもの時から音楽やギターに興味があったのかもしれないと予想される方は少なくありません。 しかしながら、以外にもその過去には音楽とはまた違った芸術である、クラシックバレエを習っていたそうです。 バレエには、様々な流派があり、クラシックバレエとは違う、モダンバレエというジャンルもあります。 子どもの習い事の中でも人気のバレエですが、一体両方は何がどう違うのか、子どもに習わせるのであればどちらが良いのかなどをご紹介していきたいと思います! 筆者自身が幼少期にバレエを習っていた経験からも、今後本格的にバレエを習いたい、子どもに習わせたいママの方にもぜひ参考になれば嬉しいです。